雛人形の相場はいくら?親王飾りが人気?

ひな祭り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

雛人形の相場をご存知でしょうか?

女の子がいる家庭では、必ず雛人形を購入する時期が来ますよね。

おじいちゃんやおばあちゃんに買ってもらうにしろ、

事前に相場を知っておけば話がスムーズになります。

 

今回は「雛人形の種類と相場」についてご紹介します!

スポンサードリンク

[colored_bg color=”yellow” corner=”r”]誰が買うにしても、相場は知っておきたい[/colored_bg]

 

「雛人形の相場に詳しい人なんていない」、それは当然すよね。

なぜなら、雛人形は一生に何度も買うものではないからです。

 

たとえ娘さんが何人かいたとしても、

二人いるから下の子にも新しいものを買ってあげよう!というものでもないです。

 

つまり、「一生に一度の買い物」だと言えるでしょう。

 

 

もちろん、お金を出すのは「父親」に限ったわけではありません。

 

「雛人形は奥さんの実家が買う、という習慣がある」

という地域が全国的にみて多いようです。

 

 

しかし、住宅事情の変化や核家族化が進むことにより、

「必ずしも奥さんの実家がすべて出してくれる!もう任せとけばいい!」

というわけでもなくなっている様子ですよ。

 

 

それに、たとえ奥さんの実家が「雛人形を買ってあげる」と言ってくれたとしても、

その後の付き合いもありますので、あまり高すぎるものをねだることは禁物です。

 

 

ひな祭り3

 

 

というわけで、自分で買うにしても、お金を出してもらうにしても、

恥ずかしくない程度には相場を知っておきたい!と思うあなたのために、

「雛人形の相場」について詳しくご紹介します。

 

 

[colored_bg color=”yellow” corner=”r”]雛人形はそもそも種類がたくさんある[/colored_bg]

 

雛人形といえば、どういったものをイメージしますか?

ひな祭り

 

 

恐らく、「お内裏様とお雛様、二人並んですまし顔♪」でお馴染みの

三人官女も五人囃子もそろった、いわゆる

「雛飾り」 というものだと思います。

 

 

これは「七段飾り」と言いまして、まぁはっきり言って、

めちゃくちゃ高いのです。

 

 

もっと言えば、相場というのは有って無いようなもの。

 

ピンからキリまでありますので、ざっくり相場は30万円以上となります。

高いものでは、100万円ぐらいも七段飾りもありますね。

 

 

どちらにしても、高すぎる買い物だという気がしないでもないですね。

 

七段飾りを飾り付けるには、最低でも二畳分のスペースが必要となります。

 

「年中飾るわけじゃない」と言っても、飾らないときは閉まっておかなければなりません。

買ったのはいいが置く場所が無い!なんて事態は避けたいものです。

 

 

[colored_bg color=”yellow” corner=”r”]七段飾り以外なら、相場はぐっと下がる[/colored_bg]

 

そこでお勧めしたいものが二つ。

 

「親王飾り」「三段飾り」という雛人形です。

 

 

若いお父さんには

「親王飾り?何それ?」

という感じかもしれませんが、これはお内裏様とお雛様だけの雛人形です。

 

38a-99

 

 

人形の数が少なくなる(二人だけですからね)分、それぞれの人形には手がかかっています。

 

これなら、比較的安い値段でそれなりのものが手に入れられます。

 

相場は5万円から10万円程度となります。

 

 

もちろんそれ以上のものもありますが、

相場として10万円もあれば納得できるものが買える、と思っていいようです。

 

ちなみに、僕の家ではこの「親王飾り」を購入しています。^^

 

 

 

次に三段飾りですが、

これは、二人では何ぼなんでも寂しい!というお父さんにお勧めです。

 

これは、お内裏様とお雛様に三人官女、あとは牛車などの飾りがつきます。

相場は、20万円から25万円ほどになります。

 

 

もちろんそれ以上のものもありますが、25万円あれば満足いくものが手に入るようです。

rank-3-R1

 

 

このほかにも「ケース飾り」や「収納飾り」といったものがあるのですが、

種類を増やすと選びにくくなるのも事実。

 

一般的な「雛人形」のイメージとしては、ここに挙げた三種類で充分なのではないかと思います。

 

 

[colored_bg color=”yellow” corner=”r”]量より質。いいものを選びたい![/colored_bg]

 

雛人形の相場を紹介してきましたが、

種類によっても値段がかなり異なるということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

 

また、「多少値段が高くてもいいものを買いたい!」という気持ちにもなったと思います。

 

何といっても、娘さんが嫁いでいくときの嫁入り道具になるのです。

 

 

今ではその風習でさえもなくなりつつありますが、新しく購入を考えるときには、

しっかししたものを買いたいと思う気持ちが親心ですからね。

 

 

個人的には、無理して七段飾りを買うよりも、

質のいい親王飾り(または三段飾り)をお勧めしたいです。

 

 

なかなか分かりにくい雛人形の相場ではありますが、

ぜひともこの記事を参考にし、ご購入のお役立てていただきたいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る