症状は喉の腫れ!甲状腺ガンかも?

admin-ajax-crop

06

 

[colored_bg color=”light‐purple” corner=”r”]喉の腫れ!いつもと違う症状[/colored_bg]

 

甲状腺は、新陳代謝を促進するためのホルモン(甲状腺ホルモン)を

分泌する臓器で、身体活動に大きく関与しています。

 

甲状腺の病気はおもに、

(1)甲状腺全体が腫れるタイプ
(2)甲状腺の一部が腫れるタイプ
(3)甲状腺の一部に腫瘍(しこり) ができるタイプ

の3つに分けられます。

 

ではこれらの症状は、どのように見分けるのでしょう!

 

スポンサードリンク


[icon image=”arrow2-b”]自分で甲状腺の腫れを感じる

[icon image=”arrow2-b”]違和感を感じる

[icon image=”arrow2-b”]飲み込みが辛い

[icon image=”arrow2-b”]健康診断で指摘される

 

やっぱり一番わかりやすいのは、喉の部分が腫れてくることでしょうね。

数センチほどの大きさで腫れてきます。

甲状腺の病気は、女性がなりやすいと言われていますが、男性もなります。

photo

 

確実に病気を判断するためには、

「問診+血液検査+必要ならエコー診断」で状況確認ができます。

 

また、風邪との見分け方は、のど仏の下が腫れて、

甲状腺を押すと痛みがあるのが特徴です。

 

喉の痛みだけでは”風邪かな!?”と見過ごし気味ですが、

甲状腺を押すと痛みがあるときには「甲状腺の病気」を疑ってください。

 

 

[colored_bg color=”light‐purple” corner=”r”]甲状腺の病気には”甲状腺ガン”が潜んでいる![/colored_bg]

 

先ほど説明した甲状腺の病気はおもに、

(1)甲状腺全体が腫れるタイプ
(2)甲状腺の一部が腫れるタイプ
(3)甲状腺の一部に腫瘍(しこり) ができるタイプ

に分けられます。

 

「腫れて大きくなる病気」と「しこりができる病気」に分けれるのですが、

それぞれどのような特徴があるのでしょう。

 

まず、「腫れて大きくなる病気」は、

身体には何の悪影響も及ぼさないうえ、多くは自然に小さくなるため、

心配のないものです。

 

一方、「しこりができる病気」は、

良性のものと悪性のものがあり、ふつう、悪性の腫瘍を「がん」と呼んでいます。

良性か悪性かは、しこりが無限に増殖するかしないかの違いで分けています。

 

ちょっと、ドキッとされた方もいらっしゃるかと思いますが、

甲状腺の病気は、最悪「甲状腺ガン」につながることを覚えておいて下さい。

 

甲状腺ガンは次のような種類があります。

[icon image=”check3-r”]乳頭ガン
[icon image=”check3-r”]髄様ガン
[icon image=”check3-r”]悪性リンパ種
[icon image=”check3-r”]ろ胞ガン
[icon image=”check3-r”]未分化ガン

 

まず、自覚症状としては、ガン組織の発達に伴って、喉が腫れます。
素人がわかるようになる頃には、しこりは3、4cmになっています。
病院では、超音波診断装置を使い細かな検査を行います。

 

もし、同じような症状が自分に当てはまったら、
迷わず病院で診察を受けてください。

 

難しいことはわからん!と思われた方は、

こちらがわかりやすいかと思います。

 

相手がおじいちゃんやおばあちゃん相手なので、

誰でも理解しやすいのでは?と思いチョイスしてみました。

 

 

[colored_bg color=”light‐purple” corner=”r”]甲状腺ガンは完治するのか![/colored_bg]

 

甲状腺ガンにも種類があるのですが、

乳頭癌・濾胞癌に限ると他のガンと違って進行が遅いと思われます。

 

ほとんどが手術で完治するでしょうし、抗がん剤も必要ないのです。

術後、10年間生存する確率も他のガンと比べて高いと言われています。

(もちろん、同じ甲状腺ガンでも人それぞれ病状が違いますので、

すべてに当てはまるわけではありません)

 

ですが、甲状腺を全摘すれば一生お薬(ホルモン剤)を飲む必要があります。

甲状腺ガンは進行が遅い分、他のガンのように5年ぐらいで再発しなければ、

あとは完治したヽ(*´∀`)ノってことにはなりません。

 

なので、ガンだけども生存率の高いガンだってことを理解しましょうね!

 

でも、やっぱりはじめての告知の時はショックです(つд⊂)

 

女性の方が比較的なり易いと言われていますが、

ほとんどの方は、先生の前で号泣します。

 

その現実は変えることはできませんし、

受け入れるしかないのですが、生存率の高い病気だという

正しい知識を持っていれば、時間の経過とともに希望を持つことができます。

nijitobi

 

 

[colored_bg color=”light‐purple” corner=”r”]やはり気になるのは「病院選び」でしょうか?[/colored_bg]

 

もし自分がガンだと宣告されると、

親、兄弟、親戚、会社の人など周りの人に相談するでしょう。

 

周りの人は、あなたのためを思い、いろんなアドバイスをしてくれる

ことと思います。

 

しかし、それらはあなたを迷わせる原因になるかもしれませんね。

それは、自分も何もわからないからです。

 

ただ、”あなたの周りの人” だけでは的確なアドバイスが

見つからないかもしれませんが、全国的にたくさんの人がいます。

 

また、すでにガンを経験された人達がたくさんいるわけです。

そういった方たちから直接アドバイスをもらうことも

ひとつのアイディアだと思いませんか!?

 

有名な掲示板を下記に記載します。

 

[icon image=”check3-g”]甲状腺癌―癌掲示板

http://www.gankeijiban.com/bbs/read/010atama/1095426209/l50

 

[icon image=”check3-g”]甲状腺の雑談掲示板

http://6517.teacup.com/milo/bbs

 

[icon image=”check3-g”]甲状腺の広場

http://tech-frontier.sakura.ne.jp/patio/patio.cgi

 

これら掲示板はすでに甲状腺ガンを経験し、

あなたの気持ちを痛いほど理解してくれる人なのです。

 

まずは、ここであなたの率直な意見を話してみて、

相談に乗ってもらうことをおすすめしますよ!

 

その上で、あなたの身近な人たちの言葉に耳を傾けてみましょう!

よりスムーズに、よりベストな答えが見えてくると思いますよ。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る