熱中症の対策グッズ!頭痛を治す必須アイテムとは?

病気・ケガ

現在6月で梅雨の真っ最中ですが、梅雨が終わると本格的な夏になりますね。(^^)真夏になると、外で遊んだり運動したりする場合、そして室内であっても熱中症になる可能性があります。気をつけなければいけませんね~。「熱中症とは何か」「どうなると熱中症になるのか」そして、「熱中症と頭痛の関係、対策グッズ」などを紹介していきます。ぜひ、今年の夏の熱中症対策の参考にしてください!


 
 

 

熱中症とは?どうなると熱中症になるの?

 

熱中症というのは、高い温度の環境のもとで、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)の バランスが崩れたり、体内の調整機能が破たんするなどして発症する障害のことを指します。

 

場合によっては死に至ることがありますが、予防法を知っていれば防ぐことができますし、応急処置を知っていれば救命できます。
01

 

熱中症はどのようにして起こるのでしょうか。普段、暑い時や、運動や活動をしているときに 体温が上昇すると汗をかいたり、皮膚に血液を集め皮膚温度が上昇するため、 外に熱が放散されます。しかし、外気温が高くなると、 体の体温調節反応がうまく働かなくて、体内の熱が外に逃げにくくなります。
 
そして、体内に熱がたまり体温が上昇して、体のバランスが崩れると熱中症になってしまうのです。

 
 

 

熱中症と頭痛の関係とは?

 

熱中症は、前述のとおり熱い環境で発生する健康障害の総称です。熱中症は皮膚血管の拡張によって、血圧が低下し、脳の血流が減少して起こる熱失神と大量に汗をかいた場合、水分だけを補給して血液中の塩分(ナトリウム)が少なくなった時に、足、腕、お腹の筋肉に痛みを伴った痙攣がおこる熱けいれんがあります。

 

そして、体温の上昇のため体の中枢機能に異常をきたし、応答がにぶい、言動がおかしい、意識がないなどの意識障害がみられたり、ショック状態になる熱射病

 

最後に、大量に汗をかいて、水分の補給が追い付かないとき、体が脱水状態になりおこる熱疲労などの障害があります。
 

熱中症の中でも熱疲労の場合に頭痛などの症状が現れるのです!
02

 
 

 

頭痛を感じたらまず何をするといい?

 

熱中症による頭痛を感じた場合の対処方法をご紹介します。まず、頭痛の症状があらわれている人を涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、イオン飲料などの水分を補給させます。そうすると、通常は熱中症による頭痛の症状は 改善されます。

 

熱中症による頭痛を防ぐためには、イオン飲料によるこまめな水分補給は欠かせませんね。(^^;)

 

03

 
 

 

熱中症による頭痛の対策グッズとは?

 

ここで、熱中症による頭痛の対策グッズをいくつかご紹介します!まずは、熱中症による頭痛を防ぐことや、頭痛になったとき症状を改善するために役立つグッズ経口補水液とイオン飲料です。

 
経口補水液 OS-1

テレビコマーシャルでおなじみのこの商品。

アマゾンではコンパクトで持ち運びに便利なゼリータイプの商品が、200g×6袋1452円で 販売されています。送料無料で早く届くのがいいですね。

 

 
熱中対策 服の上から体を冷やすスプレー
 

熱中症になった場合は、体を冷やさなければならないんです。そういう時に便利なのがこの服の上から体を冷やすスプレーです。アマゾンで送料無料で693円で販売されています。価格もお手頃なので、夏場はぜひ購入されることをおすすめします!

 
携帯型熱中症計 見守りっち
 

熱中症になるのを防ぐためには、この携帯型熱中症計を購入されることをおすすめします。日本気象協会が監修しているこの商品です。現在の温度が、安全なのか、注意が必要なのか、警戒したほうがよいのか、厳重警戒したほうが良いのか、危険なのかがわかるコンパクトな熱中症計です!

 

アマゾンで送料無料で900円で販売されていますよ。

 

 

これから熱中症には注意しなければいけない時期に なってきますので、ぜひこれらのグッズを、熱中症による頭痛予防や、対策に役立てて下さいね。(^^)

04

 
 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.