新幹線の料金!格安にするための最高の方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

年末・年始に向けて帰省の時期に近づきましたので、

新幹線料金格安にできる方法について

いくつかご紹介しようと思います。

img55800301

↑ 新幹線シューズ?みたいです^^ ↑

 

みなさん新幹線の運賃はあまり安くならないと思ってませんか?

僕の調べによると、最大で5,000円以上安くなる方法もあるみたいです。

 

もし、新幹線を利用して田舎へ帰省される方は、

この方法を使って、浮いたお金で美味しいものでも食べちゃいましょう!

まずは順番にご紹介していきます。^^

スポンサードリンク


[colored_bg color=”blue” corner=”r”]往復割引を利用する[/colored_bg]

 

これは新幹線の切符を片道ずつ買うのはなく、
まとめて往復切符を購入することで、割引の恩恵を受ける方法ですね。
みなさんご存知の方も多いかと思います。

 

この往復割引の恩恵を受けるには、注意点が必要ですよ。

 

では、実際どのくらい安くなるか計算したことありますか?
今回はその具体的な計算例を踏まえて、
割引額を算出していきたいと思います。

 

まずは注意点ですが、
JRの往復割引とは同一区間の切符を購入し、
片道の営業キロ数が601キロ以上の時
割引が適用されるものです。

 

出発地点から目的地までの片道が601キロ未満ならば、
適用しないんです。結構セコイですよね^^

※営業キロ数とは、いわば乗車距離のことです。

 

そこを踏まえて、割引額を算出してみましょう!

ここでは、
交通総合案内WEBのハイパーダイヤというサイトを使います。
http://www.hyperdia.com/

 

上記サイトを使えば、
出発地点と目的地を入力するだけで、距離や乗車券、特急券の料金、
所要時間などがすぐにわかります。

 

例えば、名古屋~新山口までの往復運賃を例にします。
まずは出発地と到着地を入力し、検索ボタンを押します。

 

いくつかの代替案が表示されてますので、
その中から合計金額が安いものをチョイスします。
今回は、「経路1」を選びます。

hyper01

 

通常料金の場合、片道で15,510円(乗車券:9,560円、特急券:5,950円)
これを往復分買うと、31,020円かかります。

 

これを往復割引切符を使うと、次のようになります。
乗車券部分は割引が適用され、8,600円となります。

特急券と合計すると片道14,550円、往復で29,100円となります。

差額としては、1,920円安くなる 計算です。

233_original

 

この計算は、新幹線を乗り継いだ場合でも同じです。

例えば、仙台~新大阪までの往復を東京を中継点に、
「やまびこ」「のぞみ」に乗り継いだとします。

 

通常料金の場合、片道で21,290円(乗車券:11,340円、特急券:9,950円)
これを往復分買うと、42,580円かかります。

 

これを往復割引切符を使うと、次のようになります。
乗車券部分は割引が適用され、10,200円となります。

特急券と合計すると片道20,150円、往復で40,300円となります。

 

差額としては、2,280円安くなる 計算です。

 

このように、同じ区間で往復するのであれば、
往復割引はやっぱりお得だと思います。

 

どんな区間でも安くなるのは乗車券料金の1割。
新幹線の普通車指定席を利用しても、自由席やグリーン車を利用しても、
往復割引で安くなる料金は同じです。
グリーン車に乗ったからといって、割引率がアップするものではありません。

 

また、帰りの日程が決まっていないから往復割引が使えないと
思われている方もいますが、

基本的には、帰りの日程が決まっていなくても、往復割引は利用できます。
ただし、JRの乗車券には有効期間がありますので、注意が必要ですよ。

 

参考までに、JRの乗車券には有効期間を記載します。

800キロまで 10日
1,000キロまで 12日

往復割引が効く往復乗車券を購入する場合、
帰りの日にちが決まっていなくても、この期間内なら利用できるということです。

 

 

[colored_bg color=”blue” corner=”r”]新幹線の早割を利用する[/colored_bg]

 

往復割引を利用するよりも、もっと格安にできる方法があります。

それは、「新幹線早特きっぷ」というものです。

 

出発日の3週間前の営業開始時から1週間前(前週の同じ曜日)の営業時間終了までに

購入すると割引となるものです。

 

「早特きっぷ」は以下の3種が発売されているんです。

 

[check_list image=”check1-b”]

  • のぞみ早特往復きっぷ
  • ひかり早特きっぷ
  • ひかり・こだま自由席用早特きっぷ

[/check_list]

 

この早特きっぷはみどりの窓口やネットから購入できますよ。

 

今回は、ネットで予約できるサイトをご紹介します。

[icon image=”check3-b”]おでかけネット
https://www.jr-odekake.net/goyoyaku/campaign/s-hayatoku/

hayatoku01

 

ご覧いただければわかりますが、ご乗車14日前の23:00までの予約で

5,000円以上の格安で切符を手に入れられます。

 

区間によって割引値段が異なりますので、十分ご確認ください。

 

期間が早ければ、それだけお得ってことですね。

このサイトを知っていれば、すごく便利だと思います。

 

 

[colored_bg color=”blue” corner=”r”]新幹線とホテルのセットで予約する[/colored_bg]

 

最後に「早特きっぷ」よりもさらにお得に
切符を格安に買える方法をご紹介します。

これは、新幹線とホテルをセットで予約するという条件付きになります。
結論から言えば、平均して、大体2万円ぐらいはお得になりますので、
JRもホテルも予約する方はぜひ活用して下さい。

 

それでは、予約のやり方について説明します。

以下のサイトを見て下さい。
【日本旅行】 往復のJRと宿泊がセットになって、こんなにお得!!

 

ご利用方法はとっても簡単なんです!

 

サイトに移動して、「JRセットプランかんたん検索」がありますので、
出発地や日時、人数、その他条件を入力し、検索ボタンを押すだけ。

 

また、東京-名古屋や、東京-大阪など
定番の区間であれば、クイック検索もできます。

 

泊まりたいホテルの一覧も外観やお値段、プランと一緒に表示されるので、
すごく選びやすいと思います。

 

ちなみに、私も前もって予定が決まっている時などは、
よく利用しています。^^

 

いろいろ個人で調べて、JRは個別に予約して、ホテルも個別で予約する
といった手間が省けるほか、 旅行会社のサイトですので、国内に関わらず、
海外のプランも豊富に揃っています。

 

さすがに、海外はネットだけで予約とまではいきませんが、
値段を把握するくらいなら十分活用できますよ。

ぜひ、活用してみてください。

 

 

[colored_bg color=”blue” corner=”r”]今日のまとめ[/colored_bg]

 

いかがでしたでしょうか?

新幹線のきっぷを通常価格で予約することが勿体無い気分に
なりませんでしたか?

僕もこの3つの方法を巧みに使い分けて、
浮いた出張費用を自分のお財布に入れています^^

 

この記事のまとめ

[deco_bg image=”chalkboard” width=”400″]

・往復割引きっぷで格安に!

・新幹線早特きっぷで格安に!

・新幹線きっぷとホテルセットで格安に!

[/deco_bg]

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る