女性の厄年っていつ?厄払いは本当に必要なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

[colored_bg color=”purple” corner=”r”]厄年、厄払いとは?どういう意味?[/colored_bg]

 

厄年については、いろいろな諸説があります。

一番よく語られている説は、

「一生のうちで一番災難に遭うおそれが多い年」

だと言われています。

 

一生のうちで最も危険な大厄は、

男は42歳(しに)

女は33歳(さんざん)の年です。

Þ0¹0¯0’0Y0‹0sY'`

 


ちなみに、厄年

男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳

女性の場合は、19歳、33歳、37歳とされています。

 

 

ではなぜ、この年齢になると厄年という名前が付けられているのでしょう?

 

人はこの年齢になると青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たる事から、

人生のうちでも曲がり角でもあるからだそうです。

 

 

男性の場合は社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、

女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、

不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとしているからだと言われています。

 

 

しかし、統計的にはそのような物は存在していないそうです。

 

でも、昔からこのような迷信?が言われている以上、

自分のことですから、ほっとくわけには行かないと

考える人が多いことも事実です。

 

 

何も起きないことが理想ですが、

何か事故や怪我、病気があってから後悔するよりは、

「魔除け」の意味を込めて皆さん厄払いをされる方が多いのです。

 

 

[colored_bg color=”purple” corner=”r”]女性の厄年を早見表で見る[/colored_bg]

 

今回は特に女性の方の厄年に注目します。

意外と女性は自分の厄年が何歳なのか知らない方も多いのです。

 

 

まずは、今年2013年が本厄の女性からです。

西暦 前厄 本厄 後厄
2013 (対象:19歳) 1996年
平成8年生
1995年
平成7年生
 1994年
平成6年生
2013 (対象:33歳)  1982年
昭和57年生
 1981年
昭和56年生
 1980年
昭和55年生
2013 (対象:37歳)  1978年
昭和53年生
 1977年
昭和52年生
 1976年
昭和51年生

 

 

来年2014年が本厄の女性はこちらです。

西暦 前厄 本厄 後厄
2014 (対象:19歳) 1997年
平成9年生
1996年
平成8年生
1995年
平成7年生
2014 (対象:33歳) 1983年
昭和58年生
1982年
昭和57年生
1981年
昭和56年生
2014 (対象:37歳) 1979年
昭和54年生
1978年
昭和53年生
1977年
昭和52年生

 

2年後、3年後が本厄だという方は、こちらをご覧下さい。

 西暦 19歳本厄 33歳本厄 37歳本厄
 2015  1997年
平成9年生
1983年
昭和58年生
 1979年
昭和54年生
 2016  1998年
平成10年生
  1984年
昭和59年生
 1980年
昭和55年生
 2017  1999年
平成11年生
 1985年
昭和60年生
 1981年
昭和56年生
 2018  1981年
昭和56年生
 1986年
昭和61年生
 1982年
昭和57年生

 

 

 

 

この表を見て、過ぎちゃってる(^_^;)と思われた方、

ある意味何も起きなくてよかったですね。^^

 

 

[colored_bg color=”purple” corner=”r”]厄払いはホントに必要?[/colored_bg]

 

まず余談ですが、「厄払い」とはすでに自分に厄が憑いている場合の表現なので、

正しい表現ではないそうです。

 

 

自分の身は清浄だけれども厄は降りかかってくるものだから,

それを除けるという意味で、「厄除け」が正しい表現だそうです。

※今回の記事はあえて、「厄払い」と表現し統一ています。

 

 

では、厄払いは本当に必要なのか?という疑問ですが、

結論から言えば、”気持ち”の問題になります。

 

 

必ずしないといけないものではなく、厄払いに関しても諸説いろいろあります。

 

ただ、ひとつだけ注意しておきたいことは、

何か自分に不幸が起きたあとで、「行っておけばよかった(・ω・`)」

思わないことです。

 

 

悪いことが起こっても厄のせいにしない自身があるのなら、

行かなくても良いんじゃないかと思います。

 

身内や周りがうるさいときは、「やったよ」と言えば済むことです。

 

もし、厄のせいにしない自信がないのであれば、

「魔除け」の意味を込めて、厄払いをしておきましょう!

気持ちの面でもスッキリできますし、

悪いことが起きても、「この程度で済んだ」と気持ちを切り替えやすいです。

424_original

 

 

[colored_bg color=”purple” corner=”r”]厄払いとその後の処理とは?[/colored_bg]

 

実際に厄払いをされると、神社でお守り用の御札をもらうと思います。

こういった御札やお守りは、有効期限が1年と言われています。

 

 

1年を経過したそれらのものは、穢(けが)れがついてくるとも

考えられていますので、年が改まる際に頂いた神社にお返しして

お焚き上げ(どんど焼き)してもらうのが一般的です。

 

 

どうしても事情で神社にお返しできないのであれば、

日を改めてお返しするとか、紙袋などに入れて、

神棚の隅に置かれてもいいと思います。

 

 

基本的に歳末になればどこの神社でも御札の交換を行いますので、

良い機会だと思ってお返しすることをおすすめします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る