ディズニーフィロソフィーとは?世界最先端の人材育成ノウハウ術 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

[colored_bg color=”blue” corner=”r”]TDL全スタッフの9割がアルバイト 如何にして人を育てる![/colored_bg]

 

今やどのコンビニにも置かれている、”ディズニーの人材育成術”を

ご紹介しようと思います

 

なぜ「ディズニーの人材育成術」が注目されているのでしょう!

それはズバリ、”リピーター率90%超えの集客力” です

集客というと、「人を集める」という新規顧客のイメージがあるかもしれません

しかし、企業は新規顧客だけでは継続して安定した利益は生み出せません

安定した利益に重要なのは、リピーター率が高い顧客の存在なくして

成り立たないのです

 

リピーター率が高い顧客は通称 ”ファン”と呼ばれますよね

例えば、このファンを作れるスキルがあれば、

個人レベルでも億を超える利益を生み出すことができます

 

ファンは、それほどの威力を発揮することができます

ジャニーズはわかりやすい事例ですよね^^

 

そういった意味で、ディズニーの「リピーター率90%超えの集客力」

の凄さが理解できると思います

 

この集客力の源となる要因が、パーク内で働く”スタッフ(キャスト)”となります

しかもパーク内で働く9割がアルバイトというのでびっくりですよね

社員ではなく、アルバイトの方への”躾”、”育成”が集客力に結びついている

 

この事実が注目されている本質であり、人材育成のヒントがあるのだと思います

どういった人材育成が良いのか

集客力に直結する具体的な育成術について詳しく見ていきます

 

 

[colored_bg color=”blue” corner=”r”]世界をリードする基本理念が「SCSE」[/colored_bg]

 

これはとても有名な話ですが、

ディズニーには、”ディズニー大学”なるものが存在します

ウォルト・ディズニーが残した「世界の人々に幸福の場を提供する」という

理念を大学で学ぶことができます

※この理念を、ディズニーフィロソフィーと呼ぶみたい

 
図解でわかる! ディズニー 感動のサービス (中経の文庫)
 

アルバイトの方はこの大学でディズニーフィロソフィーを学ぶ事になります

では具体的に何を学ぶのでしょう!

まず、基本コンセプトは、次の3つです

 

[icon image=”check3-b”]「全てのゲスト(お客様)がVIP」

[icon image=”check3-b”]「ファミリーエンターテイメント」

[icon image=”check3-b”]「ショーは毎日が初演」

 

 

これらは、ディズニーのコンセプトですが、これだけではまだ抽象的で

何!?って感じですよね

 

そこで、社員ひとり一人が具体的に行動できる内容として、

4つの行動基準「SCSE」を掲げているのです

SCSEはそれぞれ頭文字を意味しています

 

1.「Safety = 安全」

2.「Courtesy = 礼儀正しさ」

3.「Show = ショー」

4.「Efficiency = 効率化」

 

1~4は優先度の順番であり、アルバイトの人たちは常に

この順番を考えながらゲストと向き合っています

 

例えばですね、

テーマパーク内でよく見かけるキャストの行動の中に

床にこぼれたジュースや水を拭く光景が見受けられると思います

 

彼らは、こぼれたジュースや水を足で拭いていますよね

これは一見ゲストの方からすると、キャストの見た目が悪いように

思われがちですが、

4つの行動基準の「礼儀正しさ」よりも

「安全」を重視した行動を表したものなのです

 

目線を下げてしまうことで、人とぶつかる危険を避けているのです

では、床にも水がこぼれていて、テーブルにも水がこぼれている場合は

どうでしょう?

 

一見、テーブルの上にこぼれた水を先に吹いてしまいますよね

しかし、4つの行動基準に従うと、

床の水を先に吹いて、そのあとにテーブルの上を片付ける

という行動になります

 

床で足を滑らす危険性を防ぐためですね

キャストの方はこの4つの行動基準をもとに

常に自分で考える癖をつけています

 

 

また、「カストーディアルアート」という言葉を

聞いたことがあるでしょうか

113933218_624

p1010346

 

こんな感じに地面にホーキの先などを使って、ミッキーやミニーなどの

イラストを書くパフォーマンスです

 

これもゲストに見せる「ショー」ことを意識して

キャストが行った行動になります

今では日本で起こした行動(カストーディアルアート)が

本場アメリカでも採用されているのです

 

これら、行動基準は自分で考え評価できるシステムとなっているからこそ、

ゲストの方がキャストの方を見て気持ちがよく、

満足されることに結びついているのです

すなわち、「リピーター率90%超えの集客力」に繋がっているのですね^^

うん、納得!!

 

 

[colored_bg color=”blue” corner=”r”]「褒める文化」が生み出す新たな組織の在り方[/colored_bg]

 

ディズニーには「ファイブスタープログラム」という表彰制度があります。

同制度はファイブスターカードと呼ばれるカードを、

上司が素晴らしいパフォーマンスをしていたキャスト(従業員)に手渡します。

 

カード1枚で毎月抽選で非売品のノベルティーが当たるようになっており、

5枚たまると年に数回行われる「ファイブスターパーティー」へ招待されるそうです。

こんな感じですよ^^
20120109_1814203

 

これ、やる気出ますよね!

また、優秀なキャストを表彰する式典もあります

 

自分たちが教えてもらったトレーナーの方が表彰されると、

アルバイトの方たちは皆声を上げて喜び合います

 

 

このように、良いところを取り上げて褒めるということを

一般企業ではしませんよね!

 

私たちは皆、褒めることを教育されて育っていませんから

減点法で支配された教育下で、この「褒める文化」はすごく効果的なんだと思います

 

1.指導者として意識すべきは、褒めること、いわゆる加点法による指導である

2.歴史、伝統を伝える文化、第一印象の段階から手を抜かず教育する

 

アルバイトとして働く側が意識すべきこと

・第一印象の重要性の再認識
・意見を受け入れる姿勢
・ロールモデルの選定(尊敬できる人物を見つける)

 

そして、このディズニーの教育方法は、

パーク内で働く従業員だけが受けれるものではありません

このディズニー人材育成プログラムは申し込みできるんです

個人ではできませんが、団体では申し込みできます

 

一般企業の自動車製造業A社が受講した事例が

公式サイトで紹介されていますよ

 

詳しく知りたい方は、 こちら  をクリック

 

この「ディズニーフィロソフィー」に興味のある方や

「リピーター率90%超えの集客力」を実践したい人は、

こちらの本がおすすめです

⇒ディズニーランド また行きたくなる 7つの秘密

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る